ホルン系ハーモニカブログ」カテゴリーアーカイブ

デ-タをこねくり回してウイルス禍

緊急事態宣言が延長された。これで、感染者数はさらに減少することでしょう。しかしいつかは宣言を解除しなければならない。そうしたらそのまま減少していくわけではない。また、どんどん感染者数は第四波に向かっていくことでしょう。なぜならば日本が集団免疫を獲得するにはほど遠い現状だからです。ワクチン接種も序ノ口です。第四波はさらに第三波より感染者数は多くなることでしょう。

誰でも希望者にPCRを受けさせることとこれからもどんどん増える陽性者・感染者が安心して医療をうけられるように、各県にコロナ専用の仮設の病院、野戦の病院等をどんどん建設していくことが必要ではないでしょうか。現在の医療の枠内を飛び越えていけば、コロナウイルスに関する多くの医療問題が解消されることでしょう。幸い日本には資金も人材も器材もある。やればできることです。それができていない、それこそが緊急事態です。いきつく先は「ウイルスにみんな罹れば終息」です。それまでは相変わらずのゴタゴタの繰り返しが続いていくことでしょう。季節は巡る菜の花が美しい。                                          ウイルスが自宅療養ありえぬと      風鈴                                      データをこねくり回してウイルス禍    風鈴

カラフルになったマスクたち

牡のいのちは儚い

DSC_0002

私の家の前には、家庭内ごみの集積所がある。みていると捨てに来ている人は、大抵は家のご主人か子供たちである。朝の早いうちは、奥さん方はすっぴんなので、ご主人等にごみをすてさせるのでる。

ところが高齢化社会になるにつれ、ごみ捨てを奥さんがするようになってきた。そう、どのうちも、高齢のご主人である男性があちらこちらと亡くなっていくのである。私の家のまわりも、ほとんど奥さんばかりになってきた。女性は強いなぁ・・・・・・・。反対にどうしてこうも男は儚いのであろうか。我が家もごみ捨ては私の役目です。このごろは危機感を覚えますね。

DSC_0017

どうもこれは人間に限らず、いきものの本質であるようです。極端に言ってしまえは、多くの種では、雌がいなくなればその種は絶滅してしまうが、牡は受精を果たせば用はなくなる。それでその種は延々と保たれてゆくのだ。雌はそこそこいなければならないが、牡はちょいといればいいのだ。牡は長生きすることもないようにつくられている。これはどうも遺伝子に組み込まれているようで、どうしようもない自然の仕組みのようです。ならば牡達はあの夏のセミのように短い命を精一杯生きようではないか。

そういえば、新型コロナウイルスの感染率も死亡率も俄然、男性のが多いようです。どこまでも牡の命は儚い存在のようです。

 

呼吸のリズム

私たちの普段の生活では、一分間で15回前後の呼吸をしています。凡そ4秒に一回の呼吸をしていることになる。この呼吸のリズムはどうして生まれたのであろうか。

地球史における古生代の中頃(4億年前)魚類のいくつかが、長い長い海の生活から陸をめざすことになった。しかし、それには鰓呼吸から肺呼吸への革命的大展開を必要とした。そして、これには凡そ5000万年の進化の時間を要した。

彼らが陸に上がるためには肺の成立と陸上の歩行に耐え得る四肢が必要であった。彼らは何千万年も浪打際にたたずみ、波をかぶりながら陸を目指した。ここで、彼らは、海の波の寄せてはひくあのリズムに合わせて、吸っては吐いての肺呼吸のリズムを会得していった。(人間生命の誕生 三木成夫著)なるほど、私たちの呼吸のリズムの基本は、海の波の寄せては引いてのあのリズムだったのだ。この悠久の呼吸のリズムを、楽器演奏というリズムに編集を加えようとしているのが私たちなのである。思うように簡単に演奏ができない訳である。

DSC_0025

 

ウイルスが自宅療養ありえぬと・・・・・・・風鈴

この川柳は私が昨年の11月26日のこのブログで投稿したものです。

法律上、コロナ感染者も陽性者にしろ早急な治療ないし入院をしなければならない対象者です。それを自宅待機、自宅療養、ホテル療養などとありえないことが平然と行われています。これでは自宅内での急変による重症者、死亡者の増加、はたまた市中感染、家庭内感染をひろげるだけです。

安上がりで手っ取り早い、行政によるウイルスの自宅療養、ホテル療養などは、医療崩壊を防ぐためといえるものではなく、行政による医療放棄そのものです。これはいずれ人によっては裁判沙汰になる恐れがあります。

飯能市にある老舗の料亭

緊急事態宣言によるお知らせ

緊急事態宣言をだしたところで、多くのイベント、飲食業やホテル業、航空産業、これらに関係する業界を苦しめ、疲弊させるだけです。これにより、一時的にコロナ感染を減少

させるかもしれませんが、宣言が終われば、再び感染拡大に拍車をかけることになるでしょう。

日本のコロナ感染はまだまだ、ほんの序の口です(日本全体の感染者数は40万人強です)。ウイルスは人間という宿主がいるかぎり感染尽くすまで(終息)感染するといわれています。日本では、これから集団免疫を獲得するのに少なく見積もって、日本の人口の二割すなわち2500万人(ワクチン接種者含めて(現時点で0人) )が感染することになるでしょう。

これからどんどん増える感染者、陽性者等に対して、自宅待機、自宅療養、ホテル療養などという最悪の医療放棄などではなく、コロナ専門の野戦病院、仮設病院の建設、廃校、公官庁の研修所等を転用して、一日も早く、安心できるコロナ専門の医療体制を整えることが望まれます。希望者にたいするPCR検査の実施、たとえ陽性者、感染者となったとしても、安心して受診、治療が受けられる医療体制そんな行政であってほしいものです。そして私たちは、日常生活において、三密等の感染予防のマナーを徹底して守っていけばいいのではないでしょうか。

二つの希望

はやぶさ2の雄姿

昨年はコロナ禍にあって一つだけうれしいことがありました。それは「はやぶさ2」の生命の謎を解明する6年におよぶ探査てす。このときばかりは人間はすばらしい生き物だなあと感嘆するばかりです。

そして、今年になってはじめてうれしいことが二つありました。一つは1月22日「核兵器禁止条約」が発効したことです。核兵器が史上初めて国際法で違法とされたのです。コロナ禍にあっても、人類の歴史はわずかながらも進んでいるものだと感嘆いたします。                        

もう一つは、これはニュースの片隅にのっていたことです。1月20日、ドイツ政府が、養鶏業界で行われている「雄のひよこ」の大量殺処分を禁じる政令を閣議決定したことです。世界で初だという。発効は2022年からだという。これも、動物生命の尊厳・福祉にとって極めて重要な一歩です。

私たちの食卓に欠かせない大切な「卵」ですが、今、国会でも問題となっている養鶏業界の「鶏」」たちの飼い方の非人道的(あえて非人道的といいます)扱いに「賄賂??」が疑われているのです。私達の「卵」の多くは一回転も出来ないゲージに入れられた「鶏」たちが生んでいます。

そして「鶏」たちは、鳥インフルともなれば、無選別の大量の殺処分と埋め立て。しかし、これが数十年後、腐敗つくされて、うじ、ウイルス、細菌、微生物の病巣となって、いつの日か人類に襲い掛かってくることを危惧しています。

ウイルスがコロナ感染序ノ口と

ウイルスがコロナ感染序ノ口と    風 鈴

はたまた、不謹慎な川柳で、申し訳ありません。AIだ富岳なだとよくコロナに関する予測値が発表されますが、では、世界の日本の全体の感染者数の予測はどのくらいなのでしょうか。何故かお二人さんは沈黙していますね。

よく集団免疫の獲得によりコロナは終息するとか言われますが、これも、ワクチン免疫を含めて2割から6割という値が専門家から言われています。仮に低く見積もって1割としても、日本国民1億2600万人の一割の1260万人が感染しなければ終息しないことになる。だとしたら、現在、日本のワクチン接種は治験者数千人、総感染者は100万人にも達していません。この段階で医療崩壊だの、医療破壊など゛ということは何をか言わんといわざるをえません。

日本のコロナ感染はまだまだ、序ノ口です。人類という宿主がいるかぎり、感染尽くすまで、これからもどんどん増えていきます。何度もこのブログで言っていることですが、これからも増え続ける感染者のために、コロナ専門の野戦病院ないし仮設の病院をどしどし造ることではないでしょうか。行政はここにこそ一番のお金を使ってもらいたいものです。そして、スタッフの皆さんには普段の数倍の報酬を支払ってもらいたいものです。スタッフの募集を全国の呼吸系のお医者さん、看護師さんに呼びかけるべきです。行政は、たとえ感染しても日本の医療は万全ですと国民に安心感、信頼感を与えてほしいものです。                     ウイルスが自宅療養ありえぬと  風 鈴

他のバンドとの合同練習

ついに、今回の緊急事態宣言により、唯一サークルとして活動してきたウクレレサークルも停止されてしまった。さあ、これからどうしようか。

 

 

 

ウイルスにみんな罹れば終息す 

いきなり不謹慎な川柳ですが、現実味を帯びてきました。

明けましておめでとうございます。皆さんお元気ですか。本当にすごい年の幕開けになりました。今年も、慎重に行動していくしかないですネ。

ウイルスには、人間のしきたりなどどうでもよいことなので、年末年始であろうが、ひたすら人類という宿主を求めてこれからも感染尽くすまで走り続けることでしょう。

なんだか飲食(店)がやり玉にあがっていまが、本当でしょうか。私なんかどちらかというと電車、地下鉄、バスの車内のが怖い思いをしています。感染者の方も陽性者の方も、ほとんどの方は公共交通機関を利用するでしょうからそこにも、ウイルスも集まるように思います。

駅周辺や車内で、無造作に咳をする人も多くなったように感じます。もし、あの咳がウイルスだったらと思うと、戦々恐々として乗車しています。無症状の感染者もいるというのではお手上げです。それにしても、飛行機は不規則な飛行なのに、公共交通機関はダイヤ通りに走っていることにふしぎに思います。

何度も言うようですが、この新型コロナウイルスは、人類という宿主がいるかぎりひたすら感染していく性質を持っています。だからワクチン接種をいそいでいるわけです。しかし、インフルエンザのように、遅かれ早かれいつかは誰でも感染すると思った方がよいのではないでしょうか。

これからどんどん感染者の方も陽性者の方も増加していきます。更に医療崩壊(もうすでに崩壊している=自宅療養   ウイルスが自宅療養ありえぬと   風鈴 )をきたさないためにも、一日も早く、新型コロナウイルス専門の野戦病院や仮設の病院を急いで増設していく必要があるように思います。行政はここにこそ一番お金を使っていただきたいと思います。そして、医療スタッフの皆さんに、普段の数倍の報酬を支払っていただきたいものです。                                          ウイルスが薄ら笑いの除夜の闇    風鈴

 

 

 

 

 

 

 

最悪の晦日

今日は、新型コロナウイルスの一日の感染者数が4500人以上の過去最多となり、東京都をはじめ多くの自治体も軒並み過去最多を更新している。まさに今年を象徴する最悪の日となってしまった。明日は正月なのにとても「あけましておめでとうございます。」などといえない気分だ。

医療崩壊などといわれていますが、一日も早くコロナウイルス専門の野戦病院や仮設の病院を各地にどんどん建設してほしいものです。今、行政が真っ先にやらなければならない仕事はこれなのではないでしょうか。

これから感染者や陽性者はますます増えるばかりなのです。なぜなら、ウイルスの宿主となる人類は世界で77億人もいるのです。我が国では13000万人もいるのです。コロナウイルスはただただひたすら宿主を求めてこれからも、世界を日本をさまよい続けていきます。毎年のインフルエンザは日本では1000万も感染しているのです。その10分の1とみても100万人は多すぎるでしょうか?。これからも4波、5波と続くのではないでしょうか。

ウイルスが自宅療養ありえぬと  風鈴                          このこと事態が市中感染、医療崩壊を招いていませんか?。

 

 

ホルン系ハーモニカのみなさんへ

いよいよ今年もあとわずかになってきました。今年は、新型コロナウイルスに世界も、日本も、私たちも翻弄された一年でした。ハーモニカ関係のみならずいろいろなコンサートの相次ぐ中止、また、日頃のサークル活動のたび重なる延期や中止で、すっかり皆さんの音感もにぶってしまったことでしょう。

今年は、皆さんに配付できた新曲も一曲(古関裕而作曲「白鳥の歌」CD伴奏付)だけでした。こういうコロナの時こそ、基礎練習に戻って、オーミング曲をみっちり練習してはどうでしょうか。ビブラートもまだ数人しかできていません。私の腹の中ではもう何年やっているのかといいたいくらいです。ホルン系ハーモニカにとって、「ビブラート」は必須のテクニックですからお休みの間にできるように練習してほしいです。

今回のコロナ禍は、来年も続くものと思われます。いや、もっともつと大変になるかもしれません。しかし、サークルの皆さんと一日でも早く一緒に練習できることを心待ちにしています。

 

 

 

呼吸器系の未来

陸を目指す爬虫類の仲間

ほんとうに、今年は世界も、日本も、そして私たちも、新型コロナウイルスで、ひどい目にあいました。しかし、地球46億年の生命の歴史の中では、新型コロナウイルスのことはほんの一瞬のできごとです。ただ一行だけ歴史の中に書き込まれるかどうかだけのことです。これからも、人類とウイルスとのめぐり合わせは、何度も何度も繰り返されることでしょう。

人類の弱点は呼吸器系であることは、ここブログでも何度も繰り返し言ってきました。それは海の生き物が鰓呼吸から、陸に上がり肺呼吸をするという大転換をするにあたって、呼吸器系の臓器はあらゆる臓器の中でも、一番最後に創られた。呼吸器系の臓器は、五千万年位いかけて急速に創られ、消化器系の胃に相当する臓器(関所)は、創られることはなかった。それは地球環境が今よりもずっとずっときれいで澄みきっていたこと。ウイルスとの出会いも今日ほどではなかったこと。だから現在の呼吸器系の仕組みで、多くの生物たちはこれで、充分であったのだ。

しかし、今では地球環境の大変化により、私たちの呼吸器系ではその変化に対応できなくなってしまった。だから、大気汚染である粉塵、病原菌、ウイルス、微生物の脅威に私たちの「肺」はもろにさらされることになり、以後もこれらに人類は苦しめられることになっていく。自己の免疫力にたよっているだけではいかにもこころもとない。しかし、消化器系においては長い長い進化の過程で腸から胃(強力な関所)が創られていった。そんな胃でも時には細菌に負けてしまうこともあるのだ。

遠い遠い未来には、人類にもいつの日か消化器系の胃に相当する臓器(フイルター)が人類進化の過程の中で、呼吸器系のどこかにきっと創られる時がくることでしょう。その前に、このままいけば人類は衰退していく運命かもしれない・・・・・・。