ホルン系ハーモニカブログ」カテゴリーアーカイブ

調布ホルン系Hmクラブ1月定例会

抜けるような青空に、椿の深紅の花がさえる

今日は、今年初めての「調布ホルン系Hmクラブ定例会」です。東京は、昨年の12月から嘘のように冬晴れの天気が続く。雪国の皆さんには申し訳ないと思う。谷川岳等高い山脈が壁となり、比較的関東は天気面では一年を通して安定している。東京が日本の首都になった一つの所以かも知れない。

豊臣秀吉が徳川家康に未開の地、関東に左遷(??)したとき、家康の家臣は多いに不平不満を言った。家康の内心はともかく、家康はこれを受け入れた。家康はあらゆる情報をかき集めて未開の地、この関東に納得したに違いない。どんな環境でも、くさらず、へこたれずにその場所場所で花をさかせる徳川家康という人はやはりすごい人だと思います。

そして、江戸八百八町から今の東京につながっていく。明治維新になっても京都、大阪ではなく、江戸=東京が日本の首都になった。もう、家康様の先見性に脱帽というしかない。そして私も20代の頃、片田舎からこの東京にあこがれて上京したひとりです。話がとんだ道にそれてしまい申し訳ありません。

さて今日も、午後1時半から午後5時まで、みっちりホルン系ハーモニカの練習をこなした。しかし、久し振りの練習なのか、みなさんの「のり」はいまいちというところか。

ハーモニカの中でもとくに難しいと言われる吹奏式のホルン系ハーモニカをよくぞ辛抱してここまでやってきました。私はなんとかみなさんのこの辛抱に答えなければならないと日々模索しています。ビブラートについても、これからも辛抱強くやっていくしかないようです。ホルン系ハーモニカのソロ・アンサンブル演奏についても、もっともっと音楽性も高めていかなければならないと思っています。

調布ホルン系Hmクラブのメンバー

 

 

誰れでもステージVol.34

スタジオ グレイン2f

DSC_0200

今回から、「誰でもステージ」は高円寺グレインに移動した。40人以上になると室内は少し狭いかな、みなさん窮屈そうだ。演奏の取組みは22組27人、一般参加者は14人でした。満席となった。今日は、成人の日、電車の中は和服姿の成人の女性が目立った。

本日は、テンホールHm二組、クロマチックHm一組、そして私のアルトシングルHm(CD伴奏付酒よ)とその他複音ハーモニカ多数というバラエティーに富んでいた。複音Hm以外のハーモニカ演奏があると「誰でもステージ」も、一層楽しくバラエティーになる。しかし、今は複音ハーモニカコンサートの添えものという感じだ。テンホール、クロマチック、ホルン系ハーモニカのみなさんもっと奮起してください。

DSC_0202 フラメンコ

今日のゲストはフラメンコ カンテ&ギター いそぴー ボーカル菊池るなさん、ギター岡本新之助さん。 私は、いつも「誰でもステージのゲスト」を楽しみにしている。日ごろハーモニカ漬けになっている我々にとって、ゲストは新鮮に映る。情熱的なフラメコの調べ。今日も期待通りのパホーマンスでした。

ところで、主催者によると「ゲスト」は今回で最後だという。毎回違うゲストをお招きすることは大変なことです。これまで、楽しく、すばらしい「ゲスト」ありがとうございました。どじょすくい、紙芝居、映画ポスター解説、バンドネオン、アコーディオン、ウクレレバンド、オオボエ、マジック、オカリナ、トランペット、サキスホーン、アルパ、ボーカル、踊り等々。主催者 芝氏のいかに広い人脈かを伺い知ることが出来る。次回の「誰れでもステージ」は、3月12日(月)です。

DSC_0208 熱唱

 

 

 

新年のご挨拶

我が家のマンリョウとセンリョウ

皆々様、新年明けましておめでとうございます。昨年の四月より、ホルン系ハーモニカのホームページとブログを始めました。多くの方々のアクセス及び励ましやご助言をいただきありがとうございました。

昨年の四月から年末までの総アクセス数3110・新規ユーザー939という数字は決して多い数字ではありません。けれども、全国で4サークル50名ほどの会員のホルン系ハーモニカの現状から見れば、予想外のアクセス数です。よくぞアクセスしていただきました。こんなにうれしいことはありません。涙が出るほどうれしいです。

各大学のハモソではホルン系ハーモニカが他の吹奏・弦楽器と肩を並べて演奏しています。なにかこれからのホルン系ハーモニカの未来と希望と多くのヒントをいただけそうです。私達も、もっともっとホルン系ハーモニカの吹奏技法を向上させなければならないと痛感しております。

今年も私は、恥も外聞もなく各地のステージに立ち続けて、ホルン系ハーモニカの吹奏力と演奏力つけていく所存です。そして、少しでもホルン系ハーモニカの普及につなげれればと思います。皆々様、本年もご声援、よろしくお願いいたします。

野良猫の野良で幸せ去年今年

昨年の12月、私のブログのアイドル野良猫の「のらくろちゃん」は、一週間ほど姿を見せず、交通事故にでもあって、死んでしまったのかと心配を掛けさせました。けれどもその後、ひょっこりと、私に顔をみせにきてくれるようになり、ほっとしました。

この野良猫の名は我が家では「のらくろちゃん」と呼んでいるのですが、よそでは「パンダちゃん」なんて呼ばれているようです。野良猫には、七つの居所があるといわれています。そのくらいないと「野良」では生きていけないそうです。この「のらくろちゃん」は親が飼い主に捨てられ、その後生まれたので、生まれながらの野良猫(避妊済み)です。ですから、もう私と数年のつきあいになるのに、なかなかなつきません。抱かれるのが大嫌いです。

子供の頃から、いつも人間に追い立てられ、いじめ尽くされているので、徹底して「人間不信」に陥っています。けれども、人間とかかわって行かなければ「生きていもいけない」ので、人間と「つかずはなれず」のマイペースで、したたかに生きています。それでも時々、私に背中を掻いてほしいとすり寄ってきます。そこで、我が駄句です。                                                      「野良猫の背中掻いてと大晦日」     「野良猫の野良で幸せ去年今年(こぞことし)」

 

彩都ハーモニー

今日は、府中市いきいきプラザにおいて、今年最後のホルン系ハーモニカ「彩都ハーモニー」の練習日。長尾、野口、大澤、大竹の4人のメンバー。彩都ハーモニーは、綺麗なハーモニーを奏でることを目的とする。そのためこれというコンサートでは楽譜を見ないで演奏することを申し合わせている。一通り基礎練習を終えて、コーラスの練習メニューの中から3和音の勉強をする。そして、赤い靴、荒城の月、アヴェ・マリア、竹田の子守唄を合奏する。その後、ファミレスにて、皆で食事をする。彩都ハーモニーの来年はどうなるであろうか。どうすべきであろうかと考えながら、私は帰路についた。

「いきいきプラザ」の最寄り駅である分倍河原の駅前に「新田義貞」の立派な像が立っている。新田義貞は鎌倉幕府滅亡の先駆けとなった武将として知られている。しかし、同族の足利尊氏と対立し、敗れて時代の主流にはなれなかった。新田義貞という人は、源義経に似たところがある。つまり政治性が無かったのかなあ。          ウムー・・・・・・・・。

DSC_1199 彩都ハーモニー(ホルン系Hm)

左から大沢、長尾、大竹、野口のメンバー

第52回東京大学尺八部定期演奏会

大正琴の会 夢弦花チャリティーコンサート終了後、同じ保谷こもれび大ホールにて、東京大学尺八部定期演奏会が行われていた。途中からでしたが、学生さん達の尺八の演奏を聴き入った。まず驚いたのはえっ東大に尺八部があるんだ。でも、聴いてまた驚いたのは、学生さんなのに、身なりも和装にて演奏も立派なもんだ。ちょつとお客さんが少なかったかな。彼らから将来立派な尺八奏者が生まれることでしょう。

 

DSC_0176

大正琴の会 夢弦花 チャリティーコンサート

今年の9月10日(日)全日本大正琴振興会全国大会に「夢弦花」が出演した際、アルトシングルHmで私も参加させていただいた。今日は、その「夢弦花」がチャリティーコンサートをおこなうということで、保谷こもれびホールに行ってきた。アンコールを含めて12曲を、そしてゲストとして、江戸芸 かっぽれの踊りが披露された。聴きごたえのある大正琴の音色でした。

 

 

 

 

DSC_0163

DSC_0172

DSC_0165

新宿ホルン系ハーモニカクラブ12月定例会

ガード下の坂道 ここを行ったり来たりして、区民センターと高田馬場駅に向かう

昨日の忘年会 いかがでしたか

DSC_0156

DSC_0159

今日は、新宿ホルン系ハーモニカクラブ12月の定例会でしたが、前半に「3サークル交流演奏会の実行委員会」が行われたため、変則の午後3時からとなった。そして、夕方からは忘年会もあるので、いっものようにゆったりとはいかなかった。今日は、年末と言うことで、クリスマスソングほか冬の曲を中心に吹奏した。アメイジング・グレイス・きよしこの夜・ともしび・酒よ・絵ぼんぼり・竹田の子守唄・荒城の月・風の盆恋歌・星影さやかに・知りたくないの等々。

新宿ホルン系ハーモニカクラブのみなさん。今年一年ありがとうございました。

ホルン系ハーモニカ3サール交流演奏会実行委員会

スタジオ グレイン2f

スタジオ グレイン

来年の12月に、4年ぶりの「ホルン系ハーモニカ3サークル」の交流演奏会を行うことになった。これは、川越ホルン系ハーモニカクラブが来年10周年となる記念も兼ねてやることになった。今日は、その第一回の実行委員会ということで各サークルより、2名づつ集まっていただいた。私も参加した。先に高円寺のグレイン「Grain」というスタジオを交流演奏会の会場にしょうかと私があたっていたので、皆さんにその会場の説明をした。日程も、2018年12月13日(木)となった。次回の実行委員会を3月12日(月)グレインとすることになった。

 

立教大学ハーモニカ・ソサイアティ 第58回 定期演奏会

通り道のツリー

川越の蔵里ハーモニカコンサートの帰り、所沢ミューズにて、立教大学ハーモニカ・ソサイアティ第58回定期演奏会によってみた。ここでは、バイオリンスケール、クロマチックハーモニカやホルン系ハーモニカが活躍している。そのほかピアノ、フルート、クラリネット、ドラム・ベースギター、ビブラフォン、グロッケン等も大活躍だ。我々おじさん・おばさんの音楽とはまるで違うけれども、若い人達の音楽を聴くのはよい勉強になる。なにより、演奏はもちろんのこと曲の編曲・指揮を部員自らこなしているこは素晴らしい。プログラムも立派なものである。これだけのプログラムを創るには、相当の時間と費用を要したことと思います。難を言えば、もう少しお客さんがはいってもいいのになぁ。いつの日か、大学のハモソと我々おじさん・おばさんのハーモニカサークルと交流を持ちたいものです。

オープニングは正装にて

DSC_0193

DSC_0184

ホルン系ハーモニカの大活躍

第5回 蔵里ハーモニカ ステージ

瓦のデザイン

蔵里ハーモニカステージは、今回も満席となる盛況でした。27組のエントリー。複音ハーモニカの独奏が九割を占めるなか、ホルン系ハーモニカでは平山さんと私が出演した。ことに平山さんは初舞台で、暗譜にて「好きにならずにいられない」を演奏した。平山さんあっぱれだ。最後はクロマチックのカルテット「SHARA」で締めくくった。私は、岡林信康作曲の「山谷ブルース」を演奏したが、転調部分でとちってしまった。この曲をこれから徹底的にやってみょう。なにか見えてくるかもしれない。そんな曲のような気がする。

帰り道、商店街の一等地に、まわりを立体駐車場やビルや住宅に囲まれた小さな(失礼)お寺(西雲寺=サイウンジ)をみつけた。窮屈そうに押し込められたようにみえるが、周りがどんどん開発された結果のようです。。それでも、本堂と釣り鐘の梵鐘は立派です。

DSC_0166

DSC_0163

平山さんのアルトシングルHmソロ

SHARA クロマチック カルテット