ホルン系ハーモニカブログ」カテゴリーアーカイブ

川越ホルン系ハーモニカクラブ9月定例会

台風15号進路図

今年の夏は猛暑続きで、自然(?)災害も多く、ひどい夏だつた。千葉県では未だに停電がつづいている。東電も一生懸命にやっているのだろうが、なんとも歯がゆいなあ・・・・・・・・。

今日は、川越ホルン系ハーモニカクラブ9月定例会。お二人がお休みでしたが、11月の千葉のコンサートにむけて、楽しく練習ができたと思います。「水色のワルツと恋のしずく」なかなかいいところに来ている。あと一歩だ。

「宵待草」をホルン系ハーモニカにて、各種奏法をまじえて、皆さんで、ソロ演奏に取り組む。こちらはまだまだだなあ。

我が応援団長のらくろちゃん 大きなあくびです。

メダカの水槽のほていそうの花 わずか一日短いです。

 

調布ホルン系ハーモニカクラブ九月定例会

この部屋のレッスンもしばらくお休み。 まるで寺小屋式です。

通り道の可憐な花。

一時の猛暑は収まりましたが、最後のあがきのような暑さがこのところ続いています。千葉県では台風15号の災禍により、停電が続く。何十万軒も。最悪ですね。

今日は、元気に皆さん全員揃いました。嬉しい限りです。

ソロのホルン系ハーモニカの演奏で最低限の各種奏法をものにしてほしい。ビブラート、タングビブラート、フェイク、トリル、グリッサンド等。辛抱強くやっていくしかないようだ。

1

11月29日のカラハモ俱楽部との演奏曲「思いてのアルバムとブーベの恋人」を中心に練習する。

 

第12回全日本ハーモニカ連盟合宿研修会 無事終了

1

合宿研修会の実行委員会の一年がかりの準備により、国立女性会館にて、第12回全日本ハーモニカ連盟の合宿研修会が無事終了した。

スタッフの皆さん! 関係者のみなさん! ほんとうにお疲れ様、ご苦労様でした。そして、参加者の皆さんも。

天気も、台風15号が接近するなか、帰宅も心配されましたが、雨に降られることもなく、3日間、どうにか持ちこたえることができました。

今回は、全県からの参加者、スタッフ、講師、その他メーカー等関係者を含めて500名にもなる大イベントとなった。

私は、ホルン系ハーモニカの入門講座とパソコンによる楽譜(数字符変換対応)作成講座を担当した。音楽関係でパソコンによる楽譜作成講習を行うことは時代の流れでもあり、もっと早く実施してもよかったと思う。やってみて、潜在的なニーズは多いと感じました。私はまた、金曜コンサートにも出演した。山谷ブルースを聴いていただいた。

1

今回、スタッフの一人でありながら、あまり協力できなかったことが、心残りです。

また、私の「ホルン系ハーモニカ入門DVDテキスト」を講座参加者の皆さんに、求めていただきました。ありがとうございました。今後、お役に立てれば幸いです。

本館 早くも秋の花々

研修棟と講堂

宿泊棟より秩父を望む

スタッフ一同ミーティング

ホルン系ハーモニカ入門講習

子供たちによるカエルの合唱

楽団ふたり

ぷちこまんたれう

平松 悟さんテンホールHm 「恋人よ」すばらしい

宇佐美先生

台湾より、ジュデイス

ミネストローネ

9/7のパーティー

パーティー

山下 伶さん あでやか

佐賀からの参加者の皆さん

仙台からの参加者の皆さん

ひまわりの皆さん他

芝・真田さんと私

芝さんを囲って

ハーモニカ美人 二人と

斎藤先生ご夫妻

菊川先生歌伴奏

宇佐美先生と

ラウンジにて、即興演奏

ローゼンリッター

斎藤先生

ピアソラプロジェクト

厚木ひまわり

MEQ

1

1

1

 

全員で「今日の日はさようなら」を合唱しておひらき。 ありがとうございました。

 

ホルン系ハーモニカ入門DVDテキスト完成

ついに、私のかねてからの、念願のホルン系ハーモニカ入門テキストDVDが完成した。ビデオ撮影で、このひと夏を、千葉県稲毛海岸に何回か通った。カラハモ俱楽部の秋山先生の後押しがあったからできた。

内容はともかく、これから、ホルン系ハーモニカをはじめて手にする方々にいくらかでも道案内ができればと思います。これまで、ホルン系ハーモニカには何の教則本もなかったことからすれば、一つの道しるべとなることを、今後期待したい。

もっと、もっと勉強して、機会があればさらにいいモノを創っていきたい。ホルン系ハーモニカのために、誰かか゛もっといいものを創ってくれてもいい。

あすは6日(金)から、合宿研修会がはじまる。入門ホルン系ハーモニカの私の講座もあるので、幾つか持っていこうと思う。

第51回ニッポン・ハーモニカ・クラブコンサート

1

それにしても、51回とはすごいな。何か強い意志というか一本の棒に貫かれたような繋がりを感じます。

今回、私は寺澤美智栄さんと「デュオむしのこえ」で出演する。「竹田子守唄」と「水色のワルツ」二曲。まず、暗譜でやること。マイクの近くで立つ事ができる。譜面台を置くより、みためも断然美しいです。そして伴奏CDと合うことを心掛けた。つぎにつながる手応えはあったかと思います。

これからは、もっと和音、コードの勉強をして、ソロと共にハーモニーの楽曲を探そうと思う。

開場 長蛇の列

ごったがえすロビー

NHCサロン・ポップスの演奏

デュオ・むしのこえ

楽屋にて、左寄り、畠山、カ・イクン、町田、山下、稲川、真田、大竹のメンバー、敬称略  2019.08.31

練習と音合わせ

ああああああああ!やつと今年の酷暑も終わりか中村。AIも自動運転もいいが、今度は人間が気圧配置を自由に動かすことならないかどうか心配だ。きっとそういう時が、間もなく来るであろう。

武蔵溝ノ口駅

商業施設用ビルぐん

今日は、来る8月31日(土)セシオン杉並ホールにて、第51回ニッポン・ハーモニカ・クラブコンサートに寺澤さんとデュオにて出演するので、その最終「音合わせ」をおこなった。私たち二人はいつも「練習」はしない。だから、基本的なスケール練習等は原則としてやらない。もう、それは各自でやっていることを前提にしている。そこで演奏曲の「音合わせ」だけを行う。一月に一回やるかやらないかである。本番はなにがあるかわからない。あと、一週間が大切だ。

新宿ホルン系ハーモニカクラブ8月定例会

高田馬場前

当会にも今日、お一人の入会者があった。一通り基礎を説明して、早速、仲間になっていただいた。ありがとうございます。

どんな楽器でもそうですが、基礎練習とくにスケール練習は大切ですね。ホルン系ハーモニカは吹奏楽器に近いので、呼吸を意識したスケール練習をしていただきたいと思います。ところが皆さんのほとんどがここだけの練習になっているようです。それはなぜか。皆さんにとって、ホルン系ハーモニカは副的存在だからです。

ビブラートの話が出たので、ビブラートについて、説明することになった。ホルン系ハーモニカにとっては欠かせない奏法なので、日夜取り組んでほしい課題です。しかし、何故か出来る人が少ない。あるとき子供が すーと 自転車に乗れるように、ビブラートもそんな気がする。なんだこれだつたのかと。だから、子供のように一生懸命に練習しなければはじまらないのだ。

帰りはいつもの居酒屋で。ここの皮付から揚げは本当にうまい。ただし、体にはよくないように思いますので、ご注意ください。仲間のみなさんも。

皮付鶏の唐揚げ

 

鉄火巻

かつおのお刺身

青物野菜の天ぷら盛り合わせ

茄子の一夜漬け

きゅうりの一夜漬け

いつもの居酒屋にて 2019/08/21

 

 

 

 

調布ホルン系ハーモニカクラブ体験講習会

1

講習会終了間際、調布駅前は雷雨に見舞われた。我々仲間たちの中に、傘を持っていない人も幾人かいたので、雨宿りして雨のやむのをまった。傘を持っていないに、幼子を背負い、そのまま走り抜ける母親もいた。突然の雷雨は調布駅前を行き交う人々を混乱状態にした。

私も小降りになったところを、調布駅前に向かって走り抜けた。

2回にわたって、京王沿線の皆さんにホルン系ハーモニカの体験講習をやってみたが、たいした効果はなかった。でも、こうしたことを呼びかけたことは、いつか生きてくることでしょう。

今日は、かねてより体験中の方が、当会に入会者することになった。歓迎いたします。

ボランティア活動

アコーディオンによるうた伴奏

腹話術の元締めMさん

ホルン系アルトシングル独奏

日本舞踊

うちわを小道具に

今日は、四人のメンバーで、地元入間市の介護施設での、音楽ボランティア活動です。

私は、ホルン系ハーモニカによる3曲独奏(宵待草、水色のワルツ、風の盆恋唄)と複音ハーモニカとウクレレ伴奏で数曲。20分の持分あっという間に。