投稿者「hornkeiadmin」のアーカイブ

おとふる夜に

1

今日は、地元の武蔵藤沢駅徒歩一分の武蔵ホールにて、金曜コンサート『おとふる夜に』を鑑賞した。

「チックタック 約束の時計台」を英語による朗読とピアノの演奏をBGMとしてのコンサートです。

武蔵ホールを満席として、咳払い一つなく、まるで人が二人しかいないような静かさだのなかで、朗読とピアノの音が雪のように降ってくる。こんなコンサートもあるんだと感心した。

朗読を担当した宿輪ひろみさんは、かって私が韓国語を教えて頂いた先生です。そして今では子共たちに英語を教えている夢見るハリキリお姉さんです。

私もいつか、この武蔵ホールで、ホルン系ハーモニカの仲間たちとともに演奏したいものです。

心地よい声とピアノにゆだねる夜

金曜の夜の特別の時間

 

新宿ホルン系ハーモニカクラブ2020年1月定例会

新宿戸塚地域センター

今日は、新宿ホルン系ハーモニカクラブの定例会だ。このところ会員が減って、会の存続が危ぶまれたが、なぜか今年になって4人の新会員を迎えることになった。中島代表の日頃の呼びかけがここに来て功を奏したのだろう。ありがたいことです。しかも、その中にはウクレレ伴奏の上手い人がいて、今日から五月の川崎音楽祭に出演する二曲(星の界と恋のしずく)を伴奏していただいた。新宿ホルン系ハーモニカクラブのこの先に明かりがさしたようだ。

新年会です

今日も、体に悪いが、から揚げです。ひとつ減っている

 

 

ニッポン・ハーモニカ・クラブ新年会

 

大改装中の池上駅

静かにたたずむお寺をのぞき込む

今日は大田区立・池上会館にて、ニッポン・ハーモニカ・クラブ新年会が開催された。24名の参加者で、全国組織の団体にしてはやや寂しい新年会かな。開催場所も遠いので、敬遠されているのではないでしょうか。私も自宅から二時間もかかる。こんなこと言ってはいけない。遠く長野から新幹線できている会員もいるのを忘れてはいけないよ。演奏会もできる会場となるとここしかないのも事実だ。

と梅の花が石の間より咲いていた

池上会館の小学生の書道展

みんな上手だ

豪華なシャンデリアのもとでの新年会も幸せだな。しばらくおいしい料理とお酒を頂きながら歓談する。

しばらくして、ハーモニカプチコンのはじまり。あいうえお順ということで2番目に演奏することになった。アヴェマリアとアメイジンググレイスを演奏した。がやはりお酒が入っていることで、呼吸がやや浅いと感じる。

やはりNHCはクロマチックの演奏が多い。その中でも、町田先生の音色は別格だな。

豪華なシャンデリア

町田NHC会長挨拶

ハーモニカ美人二人と 昨年9月以来の顔合わせです

神谷さん

真田事務局長の挨拶

ハーモニカ美人二人

西村さん

司会の桂さん

全員で

川越ホルン系ハーモニカクラブ2020年1月定例会

今日は川越ホルン系ハーモニカクラブ2020年1月定例会と新年会です。8人全員元気に参加していただいた。いつものように今年も皆さんにファイルを配付した。

川越ホルン系ハーモニカクラブは、5月に二つの大きな演奏会を控えているので、今月から気合を入れて練習に取り組む。竹田の子守唄、ブーベの恋人、水色のワルツ いいところに来ている。もう少し頑張ろう。きっといつか、川越ホルン系ハーモニカクラブはやってくれるだろう。私にはそんな予感がする。

1

練習の最後にプチコン。皆さん持ち歌を一曲づつ演奏して、皆さんすっきりとして終わった。これからも続けていくことにしよう。

この後は新年会。お酒よりも、食い気。練習後もあってか皆さん食の進むこと。笑いの絶えない新年会となつた。

DSC_0041

 

調布ホルン系ハーモニカクラブ2020年度一月定例会

今日から、2020年度調布ホルン系ハーモニカクラブの練習が始まった。最初に、恒例の私からのお年賀として、ファイルを皆さんに配付した。一年間、有効活用して頂ければ幸いです。

呼吸筋、呼吸神経のストレッチ体操から初めて、ストロー呼吸、各種のスケール練習・和音・ユニゾン・オーミング曲3曲をこなした。

来月1日に地元の「生涯学習サークルの合同発表会」に出演することになったので、さっそく「思い出のアルバム」と「ブーベの恋人」の練習に取り組む。

1

2020ニューイヤーガラコンサートin川越

1

今日は、川越市やまぶき会館にて、「2020ニューイヤーガラコンサートin川越」の声楽者のみなさのコンサートに行ってきました。たまには声楽を聴くのもいいものですね。一番前列にすわった。歌い手さんの息づかい、表情がわっと伝わってくる。ビブラートもすごいな。楽器との違いがあるもののホルン系ハーモニカ・クロマチックの人の多くはビブラートが出せない人が多い。なぜなのか今年も悩みは尽きない。ビブラートのコントロールを自由に使いこなせれば、演奏が一層、輝きを増すこと間違いありません。私も努力・研究していきます。

聴いていて、出演者のみなさん「正月」あったのかなと余計な勘繰りをする。年始早々に、スカッと歌曲やクラシックを聴かせていただいた。当然なのですが、司会者以外は誰ひとりマイクを使用しない。ハーモニカのコンサートとはまるっきり違う。裏方さんほどこにいるのかな。

上等なピアノがどっしりとステージの真ん中におかれているだけだ。私のひとりおいた隣の男性が「ブラボー、ブラボー」と、ほとんど全員の出演者に声を掛けるので、この人けっこうコンサート慣れしている人だなと思った。発音がちよっと日本人離れしている。私には臆して出来ないなあー。

2

 

2020年新年にあたって

 

我が家のまんりょう

我が家の千両

ホルン系ハーモニカ愛好者の皆さん、ホルン系ハーモニカご支援の皆さん 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年一年間のこのホルン系ハーモニカのホームページへのアクセス数は、一年間で4,277人でした。一カ月356人、新規アクセスは、1,607人一カ月134人でした。アクセス数が一日で何十万もあるサイトから見れば微々たる数ですが、ホルン系ハーモニカのハーモニカ界の立ち位置から見れば、奇跡的なアクセス数ではないでしょうか。私たちホルン系ハーモニカの愛好者の頑張りしだいで、もっともっとアクセスアップにつなげられると思います。アクセス数の増加から、ホルン系ハーモニカの愛好者の増加につなげられなければならないと思います。頑張ろう!

そのためには今年は、ホルン系ハーモニカの演奏に、深みと鋭さをつけ加えていきたいと思います。どうすればよいか解ってきた。それは「呼吸」です。ゆとりある呼吸の追及です。一音一音に心を込めた意味のある息吹を注ぐことです。一音成仏。手始めに、川越蔵里ハーモニカステージからはじめてみよう。

 

2019年度の反省と更なる発展

●昨日の大宮介護施設でのボランティア活動にて、本年度の私のハーモニカ活動も終了します。

●本年度は、念願のホルン系ハーモニカの「入門DVDテキスト」を、カラハモ俱楽部の秋山先生の協力もと制作したことです。なにしろ、ホルン系ハーモニカにとっての初めての試みであったので、出来上がりは満足できるものではありませんでしたが、今後もバージョンアップしていく所存です。それでも、これからはじめてホルン系ハーモニカを手にする皆さんの一助になればと思います。

1

●ホルン系ハーモニカの演奏については、私は、これまでは出演できるところはなるべく出演するようにしていましたが、来年は一曲をとことん追及して「丁寧で、深みのある演奏」をしていこうと思う。決め手は「呼吸」をどうするかにある。

●ボランティア活動については、来年も引き続いて積極的にとりくもう。もっともっと「うた伴奏」がうまくなりたいと思う。メロディーをハーモニカにて、コード伴奏をテナーウクレレにて、キレの良い「うた伴奏」をめざしていこう。これは一からやり直しだ。

●ホルン系ハーモニカのサークルについては、来年はサークルの皆さんの個人的なレベルアップを目指そう。それには私自身のレベルアップも図らなければならない。ついつい演奏会となると合奏主体に走りがちだ。個人的なレベルアップをはかれば、合奏だってレベルアップにつながると思う。

●これまで、大きなハーモニカバンドで、ホルン系ハーモニカが使われていることはめずらしくはなかった。そしてこれまではたいして目立たない存在でしたが、最近はホルン系ハーモニカがソロ演奏する場面もある。これはホルン系ハーモニカの音色が見直されてきたいち現象ではなかろうかと思います。歓迎したい。

●今年10月に、我が応援団長のらくろちゃんが死んでしまった。ぽっかりと穴が開いてしまったように、私の朝が変わってしまった。生まれながらの野良猫生活を地域の人にかわいがわれながら、またいじめつくされながら、十何年この地域でくらしてきた。数年間のお付き合いいただきありがとうございました。よく頑張ったね。野良猫の野良で幸せ去年今年。

我が家のまんりょう

調布新年会

川越新年会

高階公民館の春の芽吹き

入間市の仲間と

蔵里ハーモニカステージ

道すがらのお寺の梅のはな

NHC新年会2019

池上本門寺

冬の青空に映える蠟梅

新宿ホルン系ハーモニカ

タンゴライブ

 

立川音楽祭

会員募集

新宿ホルン系ハーモニカクラブ 出演

1

k

川崎プチコン 宵待草

ホルン系ローマンズ

彩都ハーモニー

都内バスめぐり

竹田子守唄 合奏

恋のしずく ウクレレ伴奏

尺八演奏記念写真

デュオ

帰りに、上野公園とアメ横商店街に立ち寄った

アメ横商店街

夢二美人画

竹久夢二美人画展

我が応援団長のらくろちゃん

NHCハーモニカ研究会講習

珍しい 芝さんとのToショット

めずらしい太陽の雲のリング

ホルン系ハーモニカの説明

彩教室千葉バスの旅

大きな大きな「こいのぼり」と『平和な日本」これからも

彩先生と

メンバーの三人。左より彩先生、岩田さん、大竹

レインコートも役立たず

1

宇佐美先生と

芝・真田と私

菊川先生歌伴奏

ハーモニカ美人二人と

仙台からの参加者の皆さん

山下 伶さん あでやか

ホルン系ハーモニカ入門講週習

研修会パーティー

曼珠沙華

行ってきました

調布ホルン系ハーモニカクラブの練習会場 上布田自治会館

ボランティア活動

行ってきました。

川崎音楽祭

川越ホルン系ハーモニカクラブの仲間たち

調布ホルン系ハーモニカクラブ

ボランティア活動うた伴奏

今日も、「鳥のから揚げ」

1

ジャンボとんかつ
これを楽しみに来るようなもんだ

川越の参加者の皆さん

打上げ 左より芝さん、大竹、斎藤先生、奥様、伊丹さん、芝さん奥様、青山さん

万歳のらくろちゃん

懇親会でのわがテーブルのみなさん

うた伴奏

JR稲毛海岸駅
DVDテキスト制作

楽屋にて、左寄り、畠山、カ・イクン、町田、山下、稲川、真田、大竹のメンバー、敬称略

大竹・寺澤デュオ演奏

デュオ・むしのこえ

チクタク チクタク

実りの秋だ

大江戸ハーモニカコンサート打上げ

大江戸ハーモニカコンサート

アルトシングルHm
カッチーニの「アヴェマリア」大竹

カラオケ・ハーモニカ俱楽部との合同演奏会

懇親会にて

大竹ソロ演奏

斎藤先生

司会の大竹

後は「風に吹かれて」

誰でもステージ同窓会
山谷ブルース

秋の雲

1

M・E・Q 事務局長横山先生と

調布ホルン系ハーモニカクラブ 忘年会歓談

本日の主役の池田ひろみさん

隣接の氷川神社

新宿ホルン系ハーモニカクラブ練習風景

ビネタ神谷先生講習

ヴィネタ同窓会 ヴイネタ入門講座

神谷先生ビネタ講習

レストラン醍醐会場 神谷先生模範演奏

ワタナベペアーズ

オガタペアーズ

千葉野田カルテット

今日は久しぶりに高円寺のレストラン醍醐にてヴィネタ同窓会、神谷さんを講師としてヴイネタ入門講座が開催された。

今日はビネタが主役。ビネタフアン25人ほどが集まった。

私も、渡邊恰子さんのビネタ伴奏にて、「悲しい酒」をアルトシングルにて、「いつくしみ深き」をダブルリードクロマチックにて演奏した。

来月の川越の蔵里ハーモニカステージの前哨戦だ。

新宿ホルン系ハーモニカクラブ12月定例会

練習風景2019/12/18

今日は、うれしいことに4人の見学者を迎えることができました。一人でも、二人でも、あたらしいメンバーを迎えたい。

当会の中島代表があれこれと新宿ホルン系ハーモニカクラブ入会への資料の作成や呼びかけの成果ではないかと思います。                                 私も、もっと良い演奏ができるように頑張りたいと思います。ほんとうにこのホルン系ハーモニカの底知れぬ音色を未だ出せていない。なんとかど肝を抜く演奏をしたいと思う。        よい演奏は、呼吸が決めてであることは解ってきた。その呼吸をどうするか・・・・・・・だ。