2018北京第12回アジアハーモニカ大会 6

景山公園正門

景山公園頂上へ

景山公園より紫禁城を望む

天安門広場にて

中国はとにもかくにも、人、人、人で溢れかえる

あああ!なれないとストレスがたまる。13億人の国であることを忘れていた。

北京空港でっかいな。日本では、台風が関東地方に接近中という。やばいなと思いつつ、無事に羽田に着陸する

 

2018北京第12回アジアハーモニカ大会 5

中国の子供1

中国の子供2

メンテナンス作業

ガラコンサート

中国料理

あっさりしていて、このラーメン美味い

このスープも美味しかったな

このチャーハンもうまい

中国料理

中国のビール あっさりとして、女性にも

ホルン系ハーモニカ参加メンバーにて、打ち上げ。 店員さんにビールを注文したら「冷たいのですか」と返されたのには絶句してしまった。あとでわかったのですが、中国では常温で飲むのも珍しくないらしい。

 

2018北京第12回アジアハーモニカ大会 4

 

朝食は生存競争だ

参加証明 これがないと会場に入れないのでいつも首にかけている。

 

20席以上もあるフロント

この白いゲートをくぐってイベント会場にはいる。いちいち窮屈だなあ

オープステージでの私

ローマンズのロビーでの演奏 皆さんホルン系Hmにビックリしていました。わあ大きい

 

ローマンズのオープンステージ

中国の中学生のみなさん

中国の小中学生みなさん

中国の子供たち

ガラコンサート前に   左から 古川、出浦、平山、大竹

プログラム

ローマンズ シニアトリオ部門 三位入賞

表彰式の古川さんと平山さん

 

川越ホルン系ハーモニカクラブ8月定例会

今日は、朝からいつもの蒸し暑さは和らぎ、すごしやすい一日でした。このまま秋に向かうかと思いきやそうはいかないらしい。みなさん大過なく今年の酷暑を乗り切ったようでほっとしました。

今日は、川越ホルン系ハーモニカクラブ8月定例会です。11月15日(木)の「彩の国ハーモニカ・チャリティーコンサート」と12月13日(木)「ホルン系ハーモニカクラブ三サークル交流演奏会」の演奏曲「水色のワルツ」と「ブーベの恋人」を丹念に練習をする。セカンドがしっかりしているので安心だ。個人のソロ演奏はいまいちだが、これから熱を上げていってほしい。

練習後は、いつもの居酒屋で、暑気払い。久しぶりに名物「ジャンボとんかつ」をいただける。美味いの一言に尽きる。

ジャンボとんかつ

ジャンボとんかつ この厚さ

みんなで仲良くパチリ

 

新宿ホルン系ハーモニカクラブ8月定例会

今日は、新宿ホルン系Hmクラブ定例会です。この暑さにもかかわらず、皆さん熱心に参加していただきありがとうございます。いつものように一通り基礎練習終えて、12月の三サークル合同演奏会の合奏曲の練習をする。「瀬戸の花嫁」と「いつくしみ深き」の二曲。いつも、セカンドが弱いのがここ新宿サークルだが、何とかしなければ・・・・・。

ソロ演奏の必須のテクニックであるビブラートの練習もしたが、もう、何年も試みているにもかかわらず、うまくできる人はなかなかいない。なぜなのかこちらが首をかしげてしまう。私の方が滅入ってしまう。他の管楽器のビブラートや上手な歌手のビブラートをもっと聞いてほしいものです。

綿菓子に 顔をうずめて 祭りの子

 

2018北京第12回アジアハーモニカ大会 3

開会式

万里の長城の見学ツアーが長引いたので、PM19:30分の開会式に遅れてしまった。とてつもない広い会場だ。2,000人は入れるというイベント会場だ。中間の柱が1本もない。崩れてこないか。大丈夫かな。つい心配性の私(日本人)には思えてくる。

開会式はいつもそうだが、はじめの一時間は、各国の代表者や来賓のあいさつで費やす。4幕の映像スクリーンに舞台の状況がリアルに映し出される。映画館にいるような重厚な音響が、いよいよ始まったなという雰囲気を醸し出す。

夕食会にて

2018北京第12回アジアハーモニカ大会 2

万里の長城を望む

万里の長城の門に行くまでに疲れて、一服。隣は寿考先生奥様。

8月4日午前8月30分よりコンテストは開始されたが、私は今日の予定・エントリーはないので、JTBのオプショナルツアーに参加した。世界遺産の八達嶺万里の長城と明の十三陵(定陵)を見学する。万里の長城は、北方民族やモンゴルの侵攻を防ぐため、紀元年前後から1600年という長期間(明の時代)にわたり建造されたものと言われています。延々と続く城壁を眺めながら、これに携わった人々を賞賛するととも、このために、苦しみと犠牲となった囚人、その他の人々も多かったことでしょう。

陵の説明をするガイドの王さん

明の十三陵(定陵)は、明朝13人の皇帝のお墓です。その規模は、三つの山全体が墓苑であり、はるかかなた見晴らすほどでした。明は、日本でいうと室町幕府の時代です。

この後、中国茶の入れ方の作法を体験する。私は、ジャスミン茶を購入しました。

中国茶の入れ方の作法を体験

 

 

 

 

2018北京第12回アジアハーモニカ大会 1

ホテルと会場となる九華山荘

2018北京第12回アジアハーモニカ大会は、2018年8月4日より7日まで、会場を北京郊外の「九華山荘」において開催された。とてつもない広いイベント会場と数千の客室を兼ねたホテルだ。

ホテルと会場が一緒なので、移動することがないので、時間短縮となっていいのですが、大会期間中、ほとんど外との触れ合いがないので、中国の日常生活を見ることができなかった。

日本からの競技参加者は、14組16人の参加であった。その他、審査員・プレヤーとして真野照久・斉藤寿孝・町田明夫・稲川有徳・平松悟の各氏と南理沙さん、他に日本からの応援のみなさんの参加であった。

アジアの7か国とその他の国の参加者で、会場内はあふれかえった。聞くところによると、3000人の参加者という。ほとんどは中国の参加者で、中国の子供たちの参加者で埋まった。しかし今後は、インドネシア・インド・ベトナム・フイリッピン・カンボジア等の積極的参加が望まれる。そういう意味では、アジアのハーモニカ音楽は、未だ発展途上にあると思います。

次回は、2020年同じ中国の「無錫」と決まったようです。

私たちは8月3日の朝9時に羽田より北京に飛び立った。北京にはお昼の12時頃に着く。4時間ほどのフライトだ。北京との時差は一時間日本より遅れているので、時計は日本時間のままで対応した。

北京もむし暑いが、日本ほどではない。もうすぐ北京も秋だ。ホテル周辺にはトンボが飛び交っていた。

空港から、北京オリンピックスタジアムに向かう。通称「鳥の巣」という。

北京オリンピックスタジアム

羽田からの一行

 

 

2018「北京ハーモニカアジア大会」

台風12号の変則進路に翻弄され心配されたが、関東地方は大きな被害は免れた。が、よりによって西日本に向かうとは驚いた。何か地球規模で、大気の状態が不安定のようだ。

今日は、調布市の「たつくり」にて、ホルン系Hmで参加する4人で、2018「北京ハーモニカアジア大会」の最終練習と打合せをおこなった。北京も暑そうだ。避暑とはいかないようだ。天気・気温に左右されずに、頑張ってきます。

 

一人ボランティア

DSC_0059

今日はウクレレ伴奏による歌唱とホルン系Hmのソロ演奏ということで、入間市二本木の施設に一人ボランティアに向かった。時間も30分ということで、ウクレレ伴奏はいらなかったかな。ホルン系Hmの演奏では「水色のワルツ、別れのブルース、津軽のふるさと、鉄道員」4曲を急いで演奏することになった。今後の反省だ。

 

DSC_0055

DSC_0046