川越ホルン系ハーモニカクラブ2月定例会

本日は、先週降雪により、中止となった2月定例会の振替です。このところ朝の陽射しもいくらか明るくなって春の兆しを感じます。今日は、一人の新しいメンバーを迎えることとなりました。ありがとうございます。ともに、ホルン系ハーモニカを盛り上げていきましょう。

一通り基礎練習を終えて、5月の「さいたま芸術劇場」に出演するため、「瀬戸の花嫁」と「ブーベの恋人」を中心に練習をする。今日は、新譜として「水色のワルツ」を配布した。これを12月のホルン系ハーモニカの合同コンサートで披露する。

高階公民館裏の梅の花

第6回 蔵里ハーモニカステージ

演奏会場

本日は、第6回 蔵里ハーモニカステージです。今日も満席でした。30組のソロ・アンサンブルの楽しい一日でした。我がホルン系から、平山さんがホルン系アルトシングルHmソロにて、私のウクレレ伴奏で「北上夜曲」を演奏した。緊張で足が震えてしまったという。CD伴奏で私は「水色のワルツ」をホルン系アルトシングルHmにて演奏。平山さん頑張れと言いたい。楽譜に頼らないで暗譜して演奏するその演奏姿勢をこれからも貫いてほしいです。「北上夜曲」を次回も私とともにリベンジしましょう。

平山さんとウクレレ伴奏の私

DSC_0434

第125回NHCハーモニカ研究会

池上会館

町田講師

真田事務局長

本日は、大田区区立池上会館にて、第125回NHCハーモニカ研究会です。テーマは、町田先生による、「ハーモニカの呼吸法再検討」です。呼吸法を改良して大きな生音をいかにしてだすか。それをいかにして、確実にマイクに音を拾ってもらうにはどうしたらいいのでしょうか。多くの合奏ハーモニカ奏者は譜面をみることに夢中で、この点呼吸法やマイクのことまで余裕を持った合奏奏者は少ないのではないでしょうか。

梅の花 春が来た

梅の花

しかし、特に吹音ばかりのホルン系Hm奏者にとって、「呼吸」のことは避けて通れない課題です。私たちのサークルではいつもストロー利用した呼吸法からはじめています。そのストロー呼吸法をする前にその呼吸を楽にする首回り、肩等のストレッチを取り入れています。

調布ホルン系ハーモニカクラブ2月定例会

本日は、調布ホルン系Hmクラブ2月定例会です。寒い日が続いています。しかし、東北・北陸地方の人達の労苦は大変なものですね。お見舞い申し上げます。今日は、武蔵野線・京王線の事故で、サークルに少し遅れてしまった。

今年は、北京でハーモニカアジア大会がある。北京大会にも一昨年の台湾大会に続き、ホルン系ハーモニカのみなさんと参加したいと思いその呼びかけをした。3月から練習に入りたいと思う。

2016年台湾ハーモニカアジア大会のスナップ写真をかかげます。

同じホテルのみなさんと

ホルン系Hmのみなさんと

スタンバイする小学生のみなさん クロマチックを吹いています

各国のコンクール参加者の皆さんと

審査員町田先生と

韓国の参加者の演奏

舞台風景

ロビー活動

ホルン系Hm参加者の皆さんの最終練習

 

川越ホルン系ハーモニカクラブ定例会

今日は、川越ホルン系ハーモニカクラブ定例会でしたが、降雪のため中止となった。行き帰りの道で、転倒したりその他のトラブルに巻き込まれたりしないよう安全のためお休みとしました。自宅自習で、みなさんよろしくお願いいたします。そんなわけで私は、家のまわりの雪かきをすることにしました。腰が痛くなり、休み休みの雪かきです。次回は2月16日(金)ときまりました。

1/22の降雪

1/22の降雪

2/2の降雪

2/2の降雪

どこに降りようかなぁ

あるきにくいなぁ

 

かわさきハーモニカプチコンVOl.1

会場風景

本日は、川崎ハーモニカ協議会主催の「第1回かわさきハーモニカプチコン」が川崎市の「大山街道ふるさと館」にて開催された。出演者28組50名を含めて、会場は130名以上のお客さんでうまった。クロマチック1名、ホルン系ハーモニカ5組11名、他は複音ハーモニカのソロと合奏という演奏形態であった。川崎市はテンホールHmも盛んという。そのテンホールHmの演奏が聴けなかったことは残念でした。ハーモニカの演奏ももっと多様性があってもいいと思う。クロマチック、テンホール、ホルン系も、もっともっとガンバッテほしいものです。

PAは専門業者に依頼したようでマイクは、抜群でよかった。そんなマイクをひとりの演奏者が床に落としたことは、業者さんは気が気でなかったことでしょう。演奏においては私たちも、マイクには気をつけたいところです。小さなコンサートなのにモニターまであってびっくりした。返しのCD伴奏もよく聞こえて、私にはありがたかったです。

先週の降雪による怪我で、キヤンセルを余儀なくされた演奏者もいた。次回、リベンジしてください。その次回は、5月30日(水)を予定とのこと。

DSC_0287

DSC_0284

DSC_0289

大竹ソロ「酒よ」

彩都ハーモニー
左から大澤、長尾、野口、大竹

DSC_0304

新宿ホルン系ハーモニカクラブ1月定例会

今日は、お昼頃から関東地方にも雨が降るという。野菜、樹木にとって恵みの雨となるかな。

今日の新宿ホルン系ハーモニカクラブは欠席者が5人もいて淋しい練習日となった。当会も高齢者も多く、いろいろと故障や用事も増える。それでもこうして、会員の皆様がハーモニカの中でも超難しいと言われるホルン系ハーモニカに取り組む姿には、ほんとうに敬意を表したいと思います。今日は、今年の4月27日(金)の川崎ハーモニカ音楽祭に出演する曲が「瀬戸の花嫁」と決まったので、この曲を中心に練習をする。また、2010年のかなり前のものですが、基本的に変わっていないので、ホルン系ハーモニカの「息漏れ」や日々の「スケール練習の意味」について、レジメを皆さんに配布した。これをお読みになりたい方は、ホームページメニューの講習会等に貼付してあります。

彩都ハーモニー

DSC_0245

今日は、調布市市民福祉会館にて、彩都ハーモニーの1月練習日です。今はメンバー4人ですが、もう少し増やしてもいいのかなあと思います。一人でも欠けるとバランスを崩してしまうからです。彩都ハーモニーは、原則としてメインステージでは暗譜してやることを条件としている。今日は、1月31日の川崎プチコンに出場するため、ほぼ暗譜して「竹田の子守唄」を集中的に練習した。

彩都ハーモニー

NHK(ニッポン・ハーモニカ倶楽部)新年会

DSC_0244

DSC_0242

NHC新年会

今日は、池上会館にてNHC(ニッポン・ハーモニカ倶楽部)の新年会です。少し早めに会場に着いたので、小学生達の「かきぞめ展」をのぞいてみた。上手なものばかりでした。「夢の実現・進む勇気」などというものもあった。すっかり忘れていた「夢」とか「勇気」にハットしました。

          新年会は、35名の会員の皆様が参加した。久しぶりに会う会員同士もあり、互いに元気であることを喜び合った。4っのテーブルの自分の名札のあるところに着席した。しばらく飲みながら歓談して、次に参加者の皆さんの簡単な自己紹介をする。参加賞(私は、CDを選択)をいただく。後半は恒例の新年ミニコンサート。それぞれ新年の思いを演奏した。最後に参加者全員で、「母さんの歌」と「忘れな草をあたたに」を合奏して新年会を終了した。

古川さんのホルン系アルトシングルHmソロ

真田事務局長と山下伶さんの合奏の模範演奏

川越ホルン系ハーモニカクラブ1月定例会

高階公民館の椿の花のメジロ どこにいるかわかりますか

今日は、川越ホルン系ハーモニカクラブ1月の定例会です。今朝は一番冷え込んだようだ。メダカの水槽もいつもより厚くカチカチに凍っていた。さて、今月よりTさんが入会することになった。うれしいことです。歓迎いたします。しかも、大学のハモソにいたことがあるという。かなりのベテランとお見受けしました。心強いかぎりです。

さて、今日は、アンサンブル楽譜「瀬戸の花嫁」を皆さんに配布した。これと[ブーベの恋人]とで今年の埼玉交歓会に臨みたいと思います。

ビブラートの練習。テンホール、クロマチック、ホルン系ハーモニカでは必須のテクニックです。無くても演奏出来るじゃないかという考えもたしかですが、ビブラートの有る無しでは聴き手の取り方はかなり違います。スロート(のど)にこだわらなくたっていいのではという意見もありますが、私は、スロートが一番いいのではないかと思います。スロートビブラートは様々な表現(出だし、盛り上げ、喜怒哀楽、エンディング、曲・歌にあったビブラートの探究)を表すことが出来るのではないかと思っています。

高階公民館の裏の畑
ひろい冬の畑には、年越しのいくらかの大根と白菜が残っていた。