新宿ホルン系ハーモニカクラブ二月定例会

今日は、新宿ホルン系ハーモニカクラブ二月定例会です。調布ホルン系ハーモニカクラブの会員でもあった皆さんが一人抜け、二人抜けしているうちに、いつの間にか7人になってしまった。会員を増やす対策を練習前に話し合った。とにかく動こうということで、四月の練習日にホルン系ハーモニカの演奏会をやり、地域の皆さんに聞いてもらうことになった。

川越ホルン系ハーモニカクラブ2月定例会

冬ばれ能力の雲 久しぶりに見た 高階公民館より

朝日を浴びる我が応援団長「のらくろ」ちゃん

朝の挨拶に訪れる』「のらくろ」ちゃん

冬の青空に映える蠟梅

 

 

 

 

今日は仲間の皆さん全員の顔がそろった。インフルエンザや風邪の流行っているさなか全員揃ったことは嬉しい限りです。「宵待草」で、今年一年はホルン系ハーモニカの基本的奏法をつかんでほしい。あれこれやるよりか一曲集中でやっていこう。

2019NHC新年会

街のローカル線東急池上線
縫うように街中を走る。

道すがらのあるお寺の梅花

池上本門寺

池上本門寺より富士山を望む

豪華なシャンデリアの部屋での新年会

池上会館正面玄関

平成31年1月27日(日)大田区池上会館にて、ニッポン・ハーモニカ俱楽部の新年会が開催された。参加者は25名ほどでしたが、日頃歓談する機会はすくないので、新年会は互いに知り合いになる良い機会だと思います。

NHC会長町田先生の新年のご挨拶・私の乾杯により新年会は始まる。おいしいお料理とお寿司をいただきながらしばらくの歓談。その後、各自自己紹介・自己ピーアール。皆さん全員何らかの景品をいただく。そして恒例のミニ・コンサート。

本日のお料理とお寿司。

古川さんのアルトシングルハーモニカ

わたくしのアルトシングルハーモニカ

真田事務局長のクロマチック

町田先生の脅威的なテクニックの演奏

帰り道に見つけた手漕ぎポンプ 水出るのかな

第12回 蔵里ハーモニカ ステージ

 

今日のイベント会場

蔵里

今日は幾分寒さも和らぐ。蔵里ハーモニカステージもはや12回となる。今日はいつもより、演奏者が少ないように感じた。風邪等でキヤンセルするひとがでるのもこの月によく見られることだ。20組のエントリーでした。ホルン系ハーモニカは私一人で、あとはほとんど複音奏者でした。私は、「宵待草」をCD伴奏にて演奏。一音一音丁寧に演奏をすることを心掛けた。今年は、この曲を基礎練習として各サークルでやることにしたので、まず私がやらなければならない。

DSC_0094

久しぶりの再会の入間市の仲間と

第13回打合せ会議

嵐山町 国立女性会館

ホテルの南側には
「都畿川」な流れる

昨日は「第12回ハーモニカ合宿研修会・9/6~9/8」の日暮里サニーホールの打合せ会議に出席する。この会議も、もう13回にもなる。まだまだこれから何回も続く。大枠はほぼ決まったので、これからは実務的なことが多くなるだろう。

一つのイベントを行うことは、裏では大変な時間と労力を要するのだなと感嘆してしまう。特に三役の役員さんには頭が下がります。これまで、わたくしも、何回かこの「嵐山ハーモニカ研修会」に参加してきましたが、つくづく、多くの方の労力のおかげであることを感ぜずはいられません。そんなわけでわたくしも役に立つかどうかわかりませんが、今回のスタッフの一員とさせていただきました。

新宿ホルン系ハーモニカクラブ 一月定例会新年会

ひろい冬の畑は年越しの大根と白菜が残っていた。

今日も冬晴が続いています。贅沢な希望かもしれませんが、一雨ほしいところです。水不足となって農作物に被害の及ばないことをねがいます。

今日は、新宿ホルン系ハーモニカクラブ一月定例会です。調布ホルン系ハーモニカクラブにも参加しているお2人の方が今月で退会することになった。これまで新宿ホルン系ハーモニカクラブを盛り上げていただきありがとうございました。

先月のホルン系ハーモニカ三サークルコンサートの写真が配布されましたので、記念にここに掲げます。

 

川越ホルン系ハーモニカクラブ一月定例会・新年会

高階公民館の裏の木に春の芽吹き

公民館裏の灰皿は孤独だ

こぶしの木と青空

今日も、晴天の冬晴れ、やや昨日より、風がないぶん暖かい日となった。3人が風邪等で欠席。淋しい今年の一月定例会となった。

基本的な基礎練習を終えて、早速、五月三日の埼玉ハーモニカ協会主催の埼玉交歓会の出演曲2曲の練習に入った。「恋のしずく」と「津軽のふるさと」にきまった。

今年は、「宵待草」を題材として、ホルン系ハーモニカの最低限の奏法を徹底して練習しようと思います。もう何時までものんびりとやっていられない。もう、成果を上げてもらわなくては困る。

新年会2019

調布ホルン系ハーモニカクラブ一月定例会・新年会

我が家のまんりょう

今日の雲一つない冬晴れ

このところ、年明け前から、関東地方は晴天続きの冬晴れだ。北海道・北陸地方の皆様には本当に申し訳ないことです。今日は風がある分、寒い一日となった。今季初めてマフラーを使用した。

NHK正月時代劇ドラマ「家康江戸を建てる」を興味深く観た。徳川家康は豊臣秀吉から三河・遠江・駿河から当時、湿地帯の不毛の地と言われた江戸・関東地方に領地替えを命じられる。断れば戦、間違いなしだ。絶頂期の豊臣秀吉に逆らえぬ状況だ。そして、家康はついに「江戸を建てる」ことに着手する。秀吉は家康に金を使わせ、近畿から、はるか遠くに追いやったのだ。それが今、私たちが快適な生活を送っているこの関東平野である。明治維新になっても、江戸の首都は移らなかった。政治的なことはもちろんだが、やはり関東地方は天気一つとってもすごい地方なのだなぁと思う。しかし、いくら関東地方でも、地震だけは心配だ。

新年会

今日は、調布ホルン系ハーモニカクラブの一月定例会と新年会です。

いつもの基本的な練習メニューをこなしてから、早速、京王線沿線コンサートの演奏曲にきまった「恋のしずく」の練習にとりかかった。その後、「宵待草」を、題材として、ホルン系ハーモニカをソロで演奏するにあたって取り入れてほしい基本的な奏法を勉強する。グリッサンド、トリル、リット、ハンドビブラート、タングビブラート、スロートビブラート等々。どれひとつとっても演奏においてはそう簡単ではないことを知る。今年は、これを練習メニューの一つに加えていこうと思います。そして、誰もがホルン系ハーモニカのソロを楽しんでいただければと思います。

新年会は、練習会場近くの「よし」という和食店にて行う。皆さん一人一人の今年の意気込みを頼もしく聞く。なかには日頃の鬱憤を漏らす人もいて、なるほど参考になりました。

 

 

 

ホルン系ハーモニカ新年にあたって

我が家の千両

我が応援団長「のらくろ」ちゃんの新年のご挨拶

みなさん明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。あらためて御礼申し上げます。また、昨年は何といっても、川越ホルン系ハーモニカクラブが10周年をむかえたことです。それを記念して、12月13日(木)に「ホルン系ハーモニカクラブ3サークルの交流演奏会」を、高円寺のスタジオKにて開催しました。ホルン系ハーモニカだけでワンステージをこなしたことは、私の知る限り、日本で初めてのことです。しかし、日本で初めてなことと喜んではいられない。それだけ何の基盤もない一時的なことだということです。

今年はステージにできるだけ多く出演するというよりも、一曲一曲の作詞・作曲者、その時代背景、歌詞の意味、多くのその曲の楽器演奏・歌手の歌唱をていねいに吟味して、もう一度過去の曲を一からやり直してみようと思います。ユーチューブのアップロードはそのことを教えてくれている。

さらに、これまでのホルン系ハーモニカ講習会の経験を踏まえて、長らくみなさんから要望されている「ホルン系ハーモニ入門」のDVDテキストの作成にも着手していこうと思います。